女性

元恋人と復縁を望むなら|自分磨きの方法をチェック

カラーによって異なるもの

手

色で性質を例えて

ポシティブな人は前向きで自信があり、とくに芸能人などはオーラがあるなどとよく言われます。逆にネガティブな場合は負のオーラがあるなどと巷ではよく言われますが、これは基本的に見た目で判断する性質の特徴であり、実際にオーラを目で見てわかるわけではないことが基本です。それに対してスピリチュアルの分野でのオーラは、判断できる人は目で見てそれぞれのカラーを識別することが可能です。専門家は、そのカラーによって性質や性格といったものの特徴を見極め、そのオーラの持ち主である対象者へアドバイスするといったことをします。ちなみに、カラーによってそれぞれオーラの種類は異なっています。たとえば青の場合は判断力や決断力に優れており、冷静さを持っている傾向にあると言われています。また、それとは対照的に赤の場合は情熱的で正義感に溢れ、リーダーシップがあるとされています。他にも黄色は癒しのカラーであり、それが濃くなるとオレンジへと変化します。オレンジは陽気さやチャレンジ精神に優れ、ムードメーカー的な役割に相応しいカラーとされています。その他のカラーについて、緑は物事のバランスを整える役割、紫はミステリアスなど、そのカラーによっていろいろ性質の特徴があります。またオーラもすべてが一色というわけではなく、中には二色だったり、さまざまなカラーが混じっているケースなどもあります。常に一定のカラーで安定しているわけではなく、その時の状態によってカラーは変化する可能性があります。さらには少し珍しいカラーで透明などもあり、この場合は何色にも染まっていないため、今後何色にでも染まることができると言われています。